川原たけまさ 川原たけまさ 少しでも要介護改善 一生涯自分の足で歩く身体づくりのために

お詫び

川原たけまさです。

私は、小学校5年生の時に頭から落ちて首の骨が折れ、一時は寝たきりの状態となり、車いす生活を含め約5年間闘病生活を送りました。
その時に、歩けないつらさや苦しさを経験し、また父がリハビリの仕事をしていたこともあって、私もリハビリの職業に就き、歩行訓練などの足にまつわる技術を身に付けました、 その後27歳の時、清風高校体操部のトレーナーに就き、世界一のトレーナーを目指すために、いろいろな技術を身に付けました。
そして、40代半ばで母が亡くなったのをきっかけに、高齢者の介護予防、介護改善に役立ちたいと考えるようになり、高齢者の要介護になる原因の54%を占める足と歩行の問題を解決する為に、姿勢が良くなる『川原たけまさウォーキング』を開発し、2012年からボランティアをはじめました。現在、東大阪市内13か所、大阪府内45か所で、川原たけまさウォーキング定例会を開催し、市民の方が誰でも公園や広場で取組める歩行訓練のしくみをつくり、この7年間で延べ約20万人の方に歩行訓練をしました。

余談になりますが、川原たけまさウォーキングという名前にしたのは、海外で学術発表した際に名前が変わってしまうからです。例えば、【健康寿命ウォーキング】という名称であれば英語にすると【Gerontologically Designed Walking】のように示されてしまうのです。世界中に広めるために、開発した歩き方・リハビリの仕方をどの国の言語に訳しても呼び名が変わらない『川原たけまさウォーキング』という名前にした次第です。

本国における社会保障の問題は重大です。現在、社会保障費は40兆円にふくらみ、国の予算の40%を占め、東大阪市では1000億円以上になっています。
東大阪市内で川原たけまさウォーキングの介護予防・介護改善活動を広めることで100億円の社会保障費を削減できれば、100億円分の高齢者の笑顔が戻ってくるということです。私は、ただ単に社会保障費を削減するのではなく、この介護予防、介護改善活動を拡販して、社会保障費を使用する必要がない状況にして、市民の皆さんが元気で暮らせるようにし、東大阪市を昔のように活気ある町に戻したいと考えています。

さて、話を戻します。
私は、首の骨を折ったにもかかわらず、治療とリハビリのおかげで、一見後遺症が無いように見えるまで回復しました。しかし、7年くらい前から歩きづらくなったり、喉の調子が悪くなり誤嚥してもどしたり、また会話する際にせきが止まらなくなったりと、少しずつ後遺症が出てきて体調が悪い日が増えてきました。心臓の裏側の筋肉が硬くなり息がしにくくなったりもします。震えて、力の加減ができない手では柔らかく不安定な紙コップでは飲み物は飲めず、文字もかけないときもあるのです。子供の頃に寝たきりになったことで骨盤の発育が悪く、まっすぐ立ってじっとしているのも苦手なので、うろうろしてしまったり、座っているときもバランスをとるために、足を組んでしまいます。

喉の炎症を抑える薬が手放せず、飴をなめながら話していると態度が悪いと勘違いされたり、スタッフに身の回りのことをサポートしてもらったり、のそのそと歩く姿を見て、偉そうにしていると言われることがありますが、これらは、あくまでも首の骨を折った後遺症のためなのです。

みなさまにはいろいろな場面で多くの不快な思いをおかけしていますこと、大変申し訳ございません。心からお詫び申し上げます。どうか、首の骨を折った後遺症によるものとご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

お知らせ

ごあいさつ

このたび、東大阪市 市政対策委員に任命されました!!

公認証

生まれ育った東大阪を
・寝たきりゼロ
・介護離職ゼロ
・高齢者虐待ゼロ
の町にしたい!

プロフィール

1965年4月26日生まれ  柔道整復師

川原たけまさ
川原 たけまさ

社会医療法人行岡医学研究会・行岡病院にて人工関節や脳内出血後の歩行訓練等、足にまつわる治療に携わり、その後整骨院・クリニック・法人経営を経て、スポーツトレーナーとして指導を開始。数々の選手をインターハイ・国体・国際大会・オリンピックでの活躍に導く。
近年は、100万人の介護を無くすために、高齢者の介護予防に特化した、2本のポールを持って歩く川原たけまさウォーキング』を開発。健康寿命増進のための講演会などを通じて高齢者に足の健康の大切さ、介護にならない体づくり等を説き広める活動及び高齢者の歩く力が復活するシステムの教育事業を行っている。
※2018年は延べ70,000人以上の高齢者に対して、無料で歩行指導する。

東大阪を変えたい

  1. ①観光客百万人以上を目指す
  2. ②健康寿命世界一にする
  3. ③市のボランティアに東大阪ポイント※最高2万円/(月)の買い物券支給

①観光客百万人以上を目指す

東大阪市の観光者(宿泊者)数は、外国人を含めたトータルで延べで大阪府3300万人に対し10万8千人であり、たったの0.32%しかありません。よって、観光客百万人以上を実現するべきだと考えています。

  • 三社参りを活性化(石切・枚岡・瓢箪山)(歴史)
  • 花園中央公園を花の公園にする(インスタ映え)
  • 月一度コンサートを開く(平井堅・EXILEなど)(文化)
  • 関空・伊丹からバスを出して民泊を誘致(便利)
  • 東大阪物産展を作る(観光・地元愛)
  • 特産物の強化・ふるさと納税の強化
  • 花薗で毎年1万人以上のラジオ体操イベントを開催する(健康)
  • 10万人以上で1分間のヒップホップダンスを踊る(ギネス)
  • 飲食店通りを作る(お好み焼き・ラーメン等)(楽しみ)
  • 健康寿命世界一にする(誇り)

②健康寿命世界一にする

  • 認知症対策を徹底する
  • ラジオ体操等に東大阪ポイント進呈

③市のボランティアに東大阪ポイント最高2万円の買い物券

  • 観光客百万人を目指すと清掃・治安維持・観光誘導等、ボランティアが必要
  • 健康等の市のカリキュラムの条件付き

左からやまのは 創氏・川原 剛正・広野 瑞穂氏(敬称略)

姿勢が良くなる!
川原たけまさウォーキング

自分で!地域で!取り組める
介護予防・リハビリ運動です。
皆様のご参加お待ちしています。

姿勢改善

あなたも美しい姿勢を
手に入れませんか?

川原たけまさ
ウォーキング
お問い合わせ先

一般社団法人 健康寿命世界一

お問い合わせ先0120-945-135

受付時間 
平日10:00~16:00

Copyright © 2019 Takemasa Kawahara
All rights reserved.